TAKANORI ABE

はだしでもえろ

はだしでもえろ

TAKANORI ABE

アートスピリッツに学ぶ芸術に対する考えかた

アート・スピリット

アート・スピリット

 

 

デヴィットリンチも読んでいた名作アートスピリッツ

ちょいちょいいいことが書かれている

しかし長いし構成がだらっとしていて読みにくい

本書は芸術に対する思想とテクニックが混ざって書かれている

その中でも芸術に対する考えかたのみを抜粋

 

芸術を学ぼうとする人々の苦労は並大抵のものではない

それに向き合う勇気とスタミナを持つ人はめったにいない

いろいろな意味で孤立することを覚悟しなければいけない

人は共感を求め仲間を欲しがるものである

一人でいるよりも仲間といる方がずっと楽だ

だが一人になって初めて人は自分をよく知り成長できる

自分の正直な感情を大切にし見過ごさないこと

われわれがここにいるのは誰かがすでになしとげたことをなぞるためではない

芸術を学ぶものは最初から巨匠であるべきだ

つまり自分らしくあるという点で誰よりも抜きん出ていなければならない

今現在自分らしさを保っていられれば将来かならず巨匠になれるだろう

芸術家は強い感情を持ち深い省察ができなければならない

拒絶を恐れるな。すぐれたものをもつ人間はみな拒絶を通過してきた

作品がすぐに「歓迎」されなくても気にしないことだ

作品がすぐれているほど、あるいは個性的なほど世間には受け入れられないものである

ただしこのことは覚えていてほしい

絵を描くのは自分自身のためであって審査員のためではない

私は何年も拒絶されつづけた

すべての芸術表現は人が漠然と感じながらいまだに所有できないものを求めてさまよう魂の成長の道しるべである

芸術は意図して生まれるものではない

根から気が育ち幹から枝が伸び、つぼみから花が咲くように自然の成り行きなのだ

独創性について心配することはない

本人がいくら望んでも独創性を振り払うことはできない

独創性は人間につきまとい誰かが考えるよりもずっとしつこく

その人間の本性を善きにつけ悪しきにつけさらけだそうとする

美は見るものの心に生まれた快楽の感覚である

人はなぜ海が好きなのだろう?海には見る人を自由な感慨にふけらせる力があるからだ

画家には想像力が不可欠だ

想像力を使わない画家は機械工にすぎない

物が美しいのではない

人が美しいと思えばすべては美しい

 画学生は本を読まなければいけない

あるいはよく本を読む人たちと話しをする

同級生とのおしゃべりは絵具のことよりも人生について語るべきである

芸術とは気質を通じてみた自然である

あらゆる個人は自分自身の個性について学び最終的には自分の好みを知るべきである

みずからの快感を育てその感覚をほかの人々に向けてもっとも直接的に表現できる手段を探求し発見すべきである。それによって大勢の人々が同じような快感を得られるように。

芸術家とは芸術活動と称して毎日をのらくら過ごす人間ではない

自分の道を切り開こうと熱く燃える人間である

偉大な画家とは自分の創造力がすべてだといえる人である

人を刺激し楽しませるのは見ることであり作り出すことである

芸術は科学や宗教や哲学と深く結びついている

芸術家はつねに学びたがる人間でなければならない

 絵画とは思想を普遍的な形にして表現することである

いわば証拠の提出である

芸術家が教えているのは小さな子供が無心で遊ぶように

人生も熱中して遊ぶべきだということである

ただしそれは成熟した遊びである

人の頭脳を駆使した遊びである

 芸術とは個々の人間が一人づつ自分のよってたつ根拠を世界に与えることである

与えたいと思う人間は与えることを喜びとする人間は与えるという行為に喜びを見出す

 

まあ芸術ってひとそれぞれ色んな意味合いがあるけど

もうシンプルに描きたいから描く

創りたいから創る

ヤりたいからヤる

自分の衝動に身を任せればいいと思う

 

素直に自分の直感にしたがっていれば

自然と独創性も個性も出てくるし

いずれ自分がやるべきことがわかってくる

 

そのためにやることは何でもいいから創ることと

本を読むことだ

 

今日もゆるくいきようぜ!