TAKANORI ABE

はだしでもえろ

はだしでもえろ

TAKANORI ABE

僕は欲望に忠実に生きることにした

https://www.instagram.com/p/BfSJSVfFweF/

 

ここ最近、次回の岡本太郎現代芸術大賞に出すテーマを考えていた

そこで僕が思いついたのは「欲望」だった

 

 

僕はむかしから自分を抑える傾向があり今まで欲望を抑えて生きてきた

感情も欲望もはっきりとは言わず内に抑え込んでは消化する

しかし消化したと思っていてもただそれは内に溜まっていき

実際には消化不良になっていたのだ

 

 

20歳頃、僕はうつ状態になっていた

 

 

うつ状態の原因は50%が遺伝であるとなんかの本で読んだ

僕の経験から残りの50%はタンパク質不足の食事、運動不足、偏った思考のクセ

だと思った

 

あとはストレスとか睡眠も関係あるけど

食事と運動を改善すれば自然と睡眠が改善する

さらに食事、運動、睡眠が改善すればストレスに強くなる

 

 

僕はその後、運動はウエイトトレーニング、ヨガ、散歩

食事はタンパク質中心の食事、考え方の癖は心理学を学び3年くらいかけてほぼ改善した

 

 

その中でも今回注目するのは「〜すべき」「〜はこうあるべき」などの偏った思考のクセ

本来の感情や欲望を抑えることが精神に負担をかけ"うつ状態"へと導く鍵になっている気がした

 

 

そこで僕は人間はもっと自分の欲望に忠実になって生きていいと思い

人間の欲望をテーマにした作品を作ることに決めました

 

 

僕のように普段から欲望を抑えがちで苦しんでいる人は

のびのびと欲望を満たしてる作品を見て自分ももっと欲望を表に出していいんだ

と思えるような作品を作りたいと思います

 

 

いままでの知識でいくと「欲望」=マズロー先生という印象

 

 

マズロー先生とは心理学者アブラハムマズローのこと

いちばん有名なとこでいうと欲求階層説を発表した人

 

 

欲求階層説とは簡単に言えば人間の欲求は下から上に上がっていく階層になっていて

生理的欲求、安全欲求、社会的欲求、承認欲求、自己実現欲求、自己超越という

順番に欲求が生まれるという説

これはもうみんな知っているし特に言うことはない

 

 

そして今回はじめて知ったのはヘンリーマレー先生
ヘンリーマレー先生は人間には28の欲求があるという

 

 

A. おもに生きていない対象と結びついた要求

1.獲得(acquisition) 所有物と財産を得ようとする要求

2.保存(conservation) いろいろなものを集めたり、修理したり、手入れしたり、保管したりする要求

3.秩序整然(orderliness) ものを整頓し、組織立て、片づけ、整然とさせ、きちんとする要求

4.保持(retention) ものを所有し続け、それを貯蔵する要求; かつ質素で、経済的で、けちけちとする要求

5.構成(construction) 組織化し、築き上げる要求

 

B. 大望、意志権力、成就欲、および威光に関係する要求

6.優越(superiority) 優位に立とうとする要求、達成と承認の複合

7.達成(achievement) 障害に打ち勝ち、力を行使し、できるだけうまく、かつ速やかに困難なことを成し遂げようと努力する要求

8.承認(recognition) 賞賛を博し、推薦されたいという要求; 尊敬を求める要求

9.顕示(exhibition) 自己演出の要求; 他人を興奮させ、楽しませ、扇動し、ショックを与え、はらはらさせようという要求

10.不可侵性(inviolacy) 侵されることなく、自尊心を失わないようにし、”よい評判”を維持しようとする要求

11.劣等感の回避(avoidance of inferiority) 失敗、恥辱、不面目、嘲笑を避けようとする要求

12.防衛(defensiveness) 非難または軽視に対して自己を防衛しようとする要求; 自己の行為を正当化しようとする要求

13.中和(counteraction) ふたたび努力し、報復することによって敗北を克服しようとする要求

 

C. 人間の力を発揮し、それに抵抗し、あるいはそれに屈服することに関係のある要求

14.支配(dominance) 他人に影響を与え、あるいは統制しようとする要求

15.恭順(deference) 優越者を賞賛し、進んで追随し、喜んで仕えようとする要求

16.模倣(similance) 他人を模倣、またはまねようとする要求; 他人に同意し、信じようとする要求

17.自律(autonomy) 影響に抵抗し、独立しようとする要求

18.反動(contrariness) 他人と異なった行動をし、独自的であろうとし、反対の側に立とうとする要求

 

D. 他人または自己に障害を与えることに関係する要求

19.攻撃(aggression) 他人を攻撃したり、または傷つけたりしようとする要求; 人を軽視し、害を与え、あるいは悪意をもって嘲笑しようとする要求

20.服従(abasement) 罪を承服甘受しようとする要求; 自己卑下

21.非難の回避(avoidance of blame) しきたりに反する衝動を抑えることによって非難、追放または処罰を避けようとする要求; 行儀よく振舞い、法に従おうとする要求

 

E. 人間間の愛情に関する要求

22.親和(sffiliation) 友情と絆をつくる要求

23.拒絶(rejection) 他人を差別し、鼻であしらい、無視し、排斥しようとする要求

24.養護(nurturance) 他人を養い、助け、または保護しようとする要求

25.求援(succorance) 援助、保護または同情を求めようとし、依存的であろうとする要求

 

F. その他、社会的に関連した要求

26.遊戯(play) 緊張を和らげ、自分で楽しみ、気晴らしと娯楽を求める要求

27.求知(cognizance) 探索し、質問し、好奇心を満足させる要求

28.解明(exposition) 指摘し、例証しようとする要求; 情報を与え、説明し、解釈し、講釈しようとする要求

 

マレーの心理発生的要求リスト(Murray, H.A., 1938)

 

引用:28の欲求(マレー(Murray)) | Personal Marketing

 

 

なんだか知らないがどういうわけだか”欲望”という言葉を聞くと

どこか後ろめたい感じがする

なぜだろう”欲望”自体は人間が成長する上でも必要なもの

 

 

欲望は求めれば求めるほど終わりなき欲望を求めることになり

安らぎからは遠のくという考えをどっかで聞いたからかな?

 

 

一時期仏教系の思想にはまっていた時期もあった

仏教では煩悩は108あると言われ欲望には終わりがなく苦しむことになるという

しかし終わりがないからといってそれは欲望を求めない理由にはならないと思う

 

 

さらに欲望を満たし続ける人生のデメリットは

人生をムダにすることと利己的になることだという

利己的になることで人間関係が悪くなり結果自分が苦しむという

 

 

しかし僕は利他的になることは利己的なことだと思っている

たとえば誰かを助けるとき相手が喜んでくれると思い手伝う

これはいっけん利他的に見えるが自分が役に立ったという満足感を得るためにやっているとみれば利己的な行為だ

 

 

つまり誰かを思い利他的になることもまた利己的なことなんだと僕は思う

そもそも利己的に生きることは悪いことではないと思う

 

 

ましてや無理して利他的に生きて苦しくなるよりは

どうどうと利己的に生きてるほうが清々しいし

まず自分自身が幸福に生きることが何よりも人を幸福にすると僕は思う

 

 

ちなみに欲望を満たす過程を楽しむのが目的で

欲望の終わりを目指さなければ永遠に楽しいではないか

ということで今年は欲望をテーマにした作品をじっくり作っていきたいと思います

 

今日もゆるくいきようぜ!