TAKANORI ABE

はだしでもえろ

はだしでもえろ

TAKANORI ABE

筋トレは人に好かれるためではなく自分を好きになるためにやる

・人に親切にする・ご飯をおごる・筋トレ・ダイエット・ファッション

人に好かれるために何かをするんじゃなくて自分で自分を好きになるためにやっているっていう意識に切り替えると楽だよ。自己満足万歳だよ。

 

引用:筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法

 

この思考はかなり心を楽にしてくれる

筋トレ、ダイエット、ファッションとかって誰かから好かれるためにやりがちだけど

自分を好きになるためにやるって考えるといいよね

 

 

基本的に誰かに好かれようとすると主導権は相手に行ってしまう

やっとの思いで誰かが求める誰かになったとしても

そこにいるのは本来の自分ではなく相手の求める偽りの自分だ

結果的にあなたは幸福を感じられずいつまでも不自由に苦しめられだろう

 

 

この誰かに好かれたいという気持ちの正体のは「承認欲求」のことだ

「承認欲求」は誰しもが持っている欲求でこれ自体は悪ではない

しかし行動の基準を相手に好かれることにしてしまう生き方は

常に相手の顔色を伺い相手に主導権を握られている不自由な人生になってしまう

 

 

それでは人は幸福になれない

 

 

人に親切にしたり、ご飯をおごることも

自分を好きになるためにやっていう思考は新鮮

 

 

これも承認欲求に支配されていると

自分が好かれるためになんでも言うことを聞いたり

相手に貢いだりする感じになっちゃうけど

自分を好きになるためにやるという考えなら

主導権は自分にあるし気持ちがいい

 

 

与えることが苦手な人は

自分が損するのが嫌なタイプと

与えるのが恥ずかしいタイプと

相手が与えられるのが嫌かも?と気を使うタイプ

がいると思う

 

 

どのタイプにしろ

これは自分を好きになるためにやっているんだ

と思えば確かに気が楽だ

 

 

アドラー心理学では幸福とは貢献感と言われている

貢献感とは私は誰かの役に立っているという主観的な感覚で

貢献感は相手が実際に喜んでくれているかではなく

自分が相手の役に立っているという感覚があればいいという

なぜなら相手が喜んでいるかどうかは相手の問題であり

私ができることは相手が喜んでくれると思う最善のことをやるだけだからだ

 

 

ということで筋トレは自分を好きになるためにやればいいし

与えるという行為も自分が幸福になるためにすればいいものなのだ

 

 

今日もゆるくいきようぜ!