TAKANORI ABE

軟式会社 はだしでもえろ

軟式会社 はだしでもえろ

TAKANORI ABE

オナ禁90日目の報告

f:id:takanori_abe:20180120195801p:plain

 

 

オナ禁90日目の報告です!
もうすぐ100日ですね

 

 

いままで1日2回オナニーをしていた僕としては
むかしなら考えられないことをいましています

 

 

さて最近の調子ですが
朝立ちするし何にもないところで急に勃つのでボッキ障害なし
いまだに夢精もなしです

 

 

体感についてですがやっぱり体の疲労がむかしに比べて全然ないです
前はPM5時〜8時くらいになるともう動けないくらい体がだるくて眠かったです
メンタルもいままでは二週間に一回くらいは虚しさや孤独感に潰され
死にたくなる時期があったんですがそれも無くなりました

 

 

あとこれはオナ禁の効果じゃないかもしれませんが肩こり首こりが治りました
僕はいままで二週間に一回は整体に行かないとコリがだるくてダメだったのですが
なぜかコリがなくなって整体にも半年くらい行っていません

 


これは僕の想像ですがおそらくオナニーをするときに
長時間、首や腰に負担のかかる変な体勢を取っていることと
緊張と緩和により神経を酷使していたからじゃないかなと思います
あとは数年前から定期的に起きていた頭痛と閃輝暗点もなくなりました
これはカフェインをやめたのが効いたのかもしれない
でも最近はまた週1くらいでコーヒー飲んでます

 

 

ちなみに性欲に関しては最近筋トレをちゃんとはじめ
テストステロンが出てるせいかけっこう強いです
といっても少し時間が経てば忘れるくらいです
やっぱり食欲や睡眠欲に比べると対して重要ではないってことだよね
でも前と変わったのは性欲が湧いたときにオナニーをしたいと思っていたのが
セックスをしたいという気持ちに変わったこと
オナニーという選択肢を捨てた身としてはまあ当然かもしれないけど

 

 

そもそもエロ=オナニーと瞬間的に判断する思考回路がすでに異常なんだと思う
本来はセックスをするために性欲があるんだからな

 

 

 


オナニーという選択肢を捨てることで
彼女を作ろうとするとか異性へ意識が向くようになり
草食系男子が減ったり少子化対策になるんじゃないかな

 

 

まあもちろん異性を性欲処理の道具としてみるのはどうなのよ?
という考えもわかるよ

 

 

 

しかしきっかけは何にしろ
まずは男と女が出会わなければ何も始まらないのだ
最初は性的魅力に惹かれたのがきっかけだったとしたとしても
または内面に惹かれたのがきっかけだったとしたとしても
どっちでもいいのよ
最終的に人は誰でも愛することができるってアドラーが言ってたからな

 



 

心理学者アルフレッドアドラーは人生には3つの課題があると言った
仕事の課題、交友の課題、愛の課題

 

 

 

そしてそのなかでも最も難しいと言われているのが愛の課題
アドラーの考える愛の定義は次の通りだ

 

 

「人は『この人と一緒にいると、とても自由に振る舞える』と思えたとき、愛を実感することができます。劣等感を抱くでもなく、優越性を誇示する必要にも駆られず、平穏な、きわめて自然な状態でいられる。ほんとうの愛とは、そういうことです。」

 

 

うん
愛ってこういうことよ
つまりまずは男と女が一緒にいる状況までいかないといけないわけよ
そのためにオナ禁をして異性に興味が出て積極的になり
アプローチし愛を感じ幸福になるという流れ
つまり「幸福とはオナ禁である」ということだね

 

 

ちなみにアドラーは「幸福とは貢献感である」って言ってるので
真面目に幸せになりたい人はこれ読んでね

 

 

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

 



まあ僕はついこないだ告白したらフラれて
愛の課題に挑戦すらさせてもらえなかったけどね 笑
次回は別の人で挑戦したいと思います

 

 

 

さてではここからは恒例のオナ禁の効果についておさらい
もちろん個人差はあるので自己責任でよろしく

 

 

 

オナ禁のメリット

・イケメンになる
・モテる
・肌がきれいになる 
・抜け毛が減る
・目覚めが良くなる
・疲れにくくなる
・運動神経があがる
・集中力があがる
・運が良くなる
・精神が安定する
・睡眠の質が上がる
・射精障害が治る
・遅漏が治る

 

 

オナニーの悪影響について

・身体がだるくなる
・思考能力低下
・コミュニケーションが取れなくなる
・ムラムラが増す
・無気力になる
・浮き沈む
・イライラする
・肌が荒れる
・快楽に依存していく
・体毛が濃くなる
・抜け毛が増える
・体臭がひどくなる

 

 

なぜ効果があるのか?

精液を構成する栄養素は果糖、タンパク質、アミノ酸核酸亜鉛、セレンなど
オナニーによってこれらが減ってしまうからだ

さらに男性ホルモンのテストステロンが下がります。
テストステロンは筋力増大や、やる気に関連したものです。

僕はメンタル維持のために毎日タンパク質であるプロテインアミノ酸をBCAAで摂っています。しかし自慰によってこれらが無駄になる可能性があるわけです

 

タンパク質やアミノ酸は主に体と心を作る大切なエネルギーです
これらが不足することでうつ症状や体力低下、不眠が起きたりします

 

 

オナニー依存症になりやすい人

・ストレスをためやすい人
・こだわりが強すぎる人
・うつ傾向にある人

 

 

オナニー依存症の原因はドーパミンの異常分泌かも?

オナニーはドーパミンを強制的に分泌させる行為です

脳内物質にはドーパミン、アドレナリン、ノルアドレナリンセロトニン、エンドルフィンなどがありますが、依存症の原因はドーパミンの異常分泌である場合が多いそうです。
ドーパミンは快楽、意欲、やる気などに関わる神経伝達物質です

さらにドーパミンが切れると倦怠感やうつ症状がでます
そしてそれを紛らわすためにまた依存行動を繰り返してしまします

 

 

幸福を感じなくなる「代償性感受性低下」

オナニーにより強制的にドーパミンを出し続けていると
報酬系の神経が鈍り自慰をしないときにはドーパミンが分泌されにくくなる
「代償性感受性低下」と呼ばれる状態になります

ドーパミンは日常でも美味しいものを食べた時や楽しいことをしている時にも分泌されます。

しかし「代償性感受性低下」になると好きなのを食べてもドーパミンが分泌されず
日常でも感じられるちょっとした幸福を幸福と感じなくなります

最終的には自慰以外で幸福を感じなくなってしまうのです

 

 

オナ禁は自己責任でやろうぜ!
やりたい人はやってやりたくない人はやるな

 

今日もゆるくいきようぜ!