TAKANORI ABE

軟式会社 はだしでもえろ

軟式会社 はだしでもえろ

TAKANORI ABE

苦しまずに死ねる自殺幇助マシーン「Sarco」が発表されたってよ。

f:id:takanori_abe:20171214150638j:plain

 

誰しも人生の中で一度は考えたことがあるだろう自殺

 

 

理由は様々だ
人間関係、金、病気、未来への不安
計画的な自殺から、衝動的な自殺まである

 
その方法でよくニュースで聞くのは
首吊り、飛び降り、電車飛び込み

 

 すべてに共通する理由は苦しみから逃れること
「死」によって苦しみから解放されると思っているからこそ成り立つ行為だ

 

 

しかしもしも死後の世界があり
こっちの世界の10倍苦しい世界が待っていると考えれば
死にたくはなくなる気もするのだが
実際には死んだことのある人はこっちの世界にいないため事実はわからず
あっちの世界への期待にかけて死を選ぶのだろう

 

 

それともそんなことを考える余裕するなく衝動的に
あっちがどうであろうがこっちから一刻も早く立ち去りたいという思いが優先されるのか

 

 

なんでこんな話をするのかというば
つい最近オーストラリアのビクトリア州安楽死が認められた
実施されるのは2019年6月から

 

karapaia.com

 

 

そのタイミングに合わせてオーストラリアの医師
通称ドクターDEATHことフィリップ・ニッツチク氏が開発した
自殺幇助マシーン「サルコ(sarco)」を発表した

 

 

使い方は簡単

棺型のケースに入ってボタンを押せば液体窒素が充満し酸素濃度が5%ほどになり
ほとんど苦しむことなく約1分であっちの世界に行けるという優れもの
さらに殺人に使えないようにボタンは内側からしか押せない仕組みで
途中でやめたくなったら強制停止ボタンもある

 

 

「サルコ(sarco)」の設計図は無料でダンロードでき3Dプリンターで印刷し作ることができる
しかし手に入れるにはメンタル質問票に答えなくてはならず
主なターゲットは不治の病に冒されている人や高齢者だという

 

 

ちなみに他人による積極的安楽死を認めている国はこちら

 

引用: 安楽死 - Wikipedia

 

 

日本人は昔よりも寿命が長くなった
平均寿命はだいたい男80歳女86歳
しかし健康に暮らせる健康寿命は男70歳女74歳

 

近頃は生涯独身の人が増えたという
孤独死という言葉もよく聞きようになった

 


結婚しているからといって配偶者が一緒に死んでくれるわけじゃないし
だいたいみんな死ぬときは一人なんだから孤独死
そんなに気にする必要はないと思うけどね

 


死んだことに気づかれなくて死体腐っちゃう問題は
AIとかIoTとかの技術で安くて良いグッツがでるはず

 


耳たぶとかにICチップ埋め込んどいて血流が止まったら死んだということで
自動であらかじめ決められたところへ連絡が行く仕組み
もしも連絡する人がいない場合は警察か消防か病院に行くとかね

 


老後に不安を抱える若者は多い
終身雇用もないし年金もほぼもらえない
だったらもう開き治って老後は捨てて
いま好きなことをする生き方もありだと思う

 

 

一番無駄なのは老後を安全に過ごすために
いまやりたくないことを我慢して生きていることだと思う
肉体も脳も新鮮な若い時代の貴重な時間を
来るのか分からない老後のために消費する




日本にも苦痛のない安楽死が導入されれば
最終手段として安楽死があるという安心感から
思う存分やりたいことやる人も増えるような気がする

 

開き直ってやってみれば意外と人生が前より楽しくなっちゃって
あーもっと生きていたい!とか思うかもしれない

 

 

死について考えることはあまりよくないことと思われがちだが
死について考えることはより良い生を産み出すと僕は思う

 

 

限られた命を実感することで残された1日1日を大切にし
自分自身が残りの命を何に捧げたいのか?誰に捧げたいのか?
それを考えることがより良い人生を作ることになる

 

今日もゆるく生きようぜ!