TAKANORI ABE

軟式会社 はだしでもえろ

軟式会社 はだしでもえろ

TAKANORI ABE

体は満足してるが脳が不満なとき「不安」が産まれる

f:id:takanori_abe:20171128204613j:plain

 

久しぶりにパンクな長倉さんの本を読んだ

 

長倉さんはこれまで僕らが学校や社会で
蓄積してきた下らない思想や常識をぶち壊してくれる
パンクな本を出し続けてきた人だ

超一流の二流をめざせ!

世界観の創り方

ギブギブギブが現実化する ナポレオン・ヒル爺さんよ、さらば

親は100%間違っている あなたの価値観を破壊する33のルール (知恵の森文庫)

倦怠と賃貸と変態 「やる気」なんてないのがフツウ

不正論 〜「正しさ」という支配から脱出する方法〜

プチ教祖の秘密 この世に聞いた、あの世の仕組み「スピリチュアル商法」

人生はすべて「偶然」でできている 「スピリチュアル」という幻想から抜け出すために

勃起力 〜「潜在意識」を発動させる連続性報酬プログラム〜

It's Alive 〜「今を生きること」は「自分」を大切にすること〜

ゲロが止まらない 〜ギブギブギブ経済時代の「情報資産家」としての生き方〜

出会いに顔射 アクセスを最大化する人生戦略

 

 

まずはモチベーションの話から


われわれにやる気がでないのは
もうすでに餓死する不安のない安全な暮らしを手に入れているから

 

人間の欲求は心理学者マズロー先生が唱えた欲求階層説という考えがある

1、生理的欲求
2、安全欲求
3、社会的欲求
4、尊厳欲求
5、自己実現欲求

こんな風に人は1から5へと欲求の階段を上るといわれている
しかし現代ではとりあえず安全欲求までいけばもうそれ以上は
頑張る人は少なくなったように感じる


まあこんな難しい話する必要はほんとはない


単純なことだよ、少し働けばとりあえず餓死はしない
だからそれ以上はやる気でなくて当然

 


最近「夢がない」とか「やりたいことがない」という悩みがある人が増えているらしいが
先ほどの話の通り「やりたいことがない」のは当然なので悩む必要はない

おそらく戦後のようにものが足りていない状況にもう一度なれば
みんな一生懸命になり「夢」や「やりたいこと」が簡単に見つかるだろう

 


さてでは今回のタイトルのとおり
体は満足してるが脳が不満なとき「不安」が産まれるについて

安全欲求を手に入れた現代の人間は
体はもう満たされたしかし脳は満たされていない状態

そんなときに「不安」はおぎゃーおぎゃーと産声をあげながら産まれる
体は満足してるが脳が不満なとき「不安」が産まれるのだ

 

 

そこにつけ込んでくるのが「自己啓発」や「スピリチュアル」だ

不安から生まれるのは「成長しなきゃ」という焦り
今のままの自分ではどんどんダメになるという自己否定がはじまり
やがて自己啓発の餌食になる


キャリアポルノは人生の無駄だ (朝日新書)

で問題視されていたのはこの辺だろう
まさに不安性成長依存症とでも呼んでみようか


自己啓発は成功した人が書いているので我々凡人には通用しない
僕はたぶん100冊は自己啓発系のビジネス本を読んできたけど
一言で言えば「行動しろ」で終わる話を著者の成功体験を織り交ぜながら
面白おかしく時には感動的に物語を見せほんの一時の幻を見せられるだけ

 

大丈夫
人間は生まれて死ねばそれでOK
ハードルはどんどん下げていこーぜ



スピリチュアルは「あなたはこのままでいいのよ」って言っときながら
実際問題、現実は何も変わらない
パワーストーンを買ってもツボを買っても人生は変わらない
とか言ってまあ僕はスピリチュアルにどっぷり浸かっていた時期が
一年くらいあったけどね 笑

引き寄せはただの偶然だし、思考は現実しないことがほとんど 笑

 

大丈夫
人間は生まれて死ねばそれでOK
ハードルはどんどん下げていこーぜ

 

そもそも人生に決められた答えなどない
みんな学校に通っているうちに何でも答えのあるシステムに慣れちゃって
人生にも答えがあると思い答え探しをしてしまう

しかし答えは自分で作るものだし
自分で作っていいものだ
一般的な正解や社会的な正解はどうでもいい

 


最近ものすごく退屈を感じていたんだけど
やっぱりそれは自分が安全な場所に閉じこもっているからなんだよね

ほんとはもっと心臓が張り裂けるくらい
熱く心臓を震わせたいんだよね

裸足で燃えたいんだよね
っていう何の話だか分からない話


今日もゆるく生きようぜ!